普通のHPとJimdoの違い

  何が、どーちがうの?

 っていうか、普通のHPって何?

 

そもそも、ホームページってどうやって作るの?

 

すべてのホームページは、HTMLとCSSという専門用語を組み立てて作ります。

 

ホームページビルダーなどの「ホームページ作成ソフト」を利用すると、HTMLやCSSの知識がなくても作成することができますが、これはソフトが自動的にHTML等を組み立ててくれているのです。

  

Jimdoは、オンラインのシステムを利用して、ホームページを作成・更新します。

Jimdoも、HTMLを使わずに作成することができますが、これもまた、システムの方で自動的にHTMLを組み立ててくれています。 

 

ですので、普通のHPとJimdoの違いは、オンラインのシステムを使うか使わないか、の違いです。

どこで作るのか、が違います

 

普通に作るHPは、まず自分のパソコンでデータを作成します。

 

ホームページが完成したら、そのデータを、サーバーに転送します。

そうしてはじめて、ネット上に公開されるようになります。

 

この、サーバーに転送(FTP転送といいます)が、けっこうややこしいので、ホームページは作れたけど、転送がよくわからない、という方が多いです。

 

 

Jimdoは、ネット上で作成・更新します。

最初から、Jimdoのサーバーで作業をしているので、上記のようにサーバーに転送、という必要がありません。

 

ブログやfacebook、twitterなどを使ったことがある人は、イメージがわきやすいと思います。

IDとパスワードでサーバーにログインして記事を更新すれば、すぐにアップされますね。Jimdoも同じようなシステムですので、転送とか、そういうややこしい作業はしなくて良いんです。

レンタルサーバーは不要です

 

上記で説明したとおり、普通にHTMLで作った場合は、ホームページを公開するためのサーバーが必要なので、別途、レンタルサーバーを契約しなくてはいけません。

 

Jimdoは、サーバーを兼ねたシステムですので、サーバーを借りる必要がありません。

とにかく、更新が簡単!

 

本当に、しつこいくらい言ってしまいますが、Jimdoはとにかく更新が簡単!

 

自分のJimdoのホームページを開いて、ログインし、修正したい場所をクリックすると、編集出来ちゃうんです。

 

修正したら、「保存」ボタンをクリックすれば、もう、更新完了です!!

 

本当に、簡単すぎで感動してしまうくらいです。

違いの一覧表

  普通のHP Jimdo
作業状況

 自分のパソコンで作業

オンライン(ネット上)で作業

更新方法

①自分のパソコンで作業し

②サーバーに転送

①ネットでJimdoにログインして更新

サーバー

別途レンタルサーバーが必要

レンタルサーバーは不要

独自ドメイン

別途ドメインを契約し、サーバーへ独自ドメインの設定が必要

Jimdo-Pro(有料)だと、1ドメイン取得できる

ブログ

外部ブログの記事表示が可能

Jimdoブログがある
※外部のブログへのリンク、外部ブログの記事表示も可

お問合せフォーム

CGIシステムを設定する

ssl(暗号化)の設定可

最初から設定されている

ssl(暗号化)できない

ショッピングシステム

外部のショッピングシステムへリンクするか、ショッピングシステムを組み込む

※まみむめもでは、ショッピングシステムの組込は承っておりません。

最初からショッピングシステムが設定されている

その他のシステム

システムの組込可

※まみむめもでは、システムの埋め込みは承っておりません。

システムの埋め込みはできない